脂肪幹細胞豊胸

柔らかくとっても美しく仕上がります。 脂肪の生着を助けたり、自ら脂肪に変化する“脂肪幹細胞”を100%ピュアな形で抽出し、ピュアな脂肪と共に注入するので、生着率が高く、脂肪自体の質も向上します。

こんな方におすすめです。

  • バストアップしたい。
  • バストアップしたいけどパック(異物)に抵抗がある。
  • 手術で傷跡を残したくない。
  • 余分な脂肪を吸引してバストアップしたい。
  • 自然な感触のお胸にしたい。

EZリフト

戻しのある糸(非吸収性)を皮下の下がった組織に入れひき上げていくことで、強くたるみをひきしめます。全体的に引き上がり、自然な若返りが実現されています。

当院の脂肪幹細胞豊胸のポイント

ポイント1:自己脂肪由来幹細胞を用いた豊胸術に力を入れています!

当院は、自己脂肪由来幹細胞を用いた脂肪注入による豊胸術に力を入れています。 通常の脂肪注入を行っただけでは、脂肪は生着しないばかりか、石灰化・しこり、脂肪融解・感染をおこしてしまいます。 脂肪幹細胞は、移植された脂肪を生着させる条件を整えたり、自らが脂肪細胞に変化しますので、質の高い豊胸術が実現可能です。脂肪組織内に幹細胞を含む多くの再生脂肪が確認されて世界各国にて臨床試験を行われています。 結果80%〜90%の割合で生着に成功し、肌質やしみの改善にも効果がみられています。さらに濃縮脂肪細胞だけでなく、脂肪由来幹細胞のみでも効果があります。

脂肪組織の構成と幹細胞の役割

脂肪幹細胞抽出の流れ

ポイント2:安全かつ、効果的な方法としてFCB社製のクリーンベンチを採用!

当社は、安全かつ、効果的な方法としてFCB社製のクリーンベンチで注入脂肪を脂肪由来幹細胞抽出までクリーンベンチ内で全ての工程を行うことにより、合併症予防対策としてもスムーズに行っています。 FCB社製のクリーンベンチを使用することで外気に触れず、クリーンベンチ内遠心分離器で油脂成分・脂肪細胞(Rich Fat)・赤血球や水分に分離し、脂肪細胞酵素と混合させてインキュベーターにてシェイキング後、100μmのフィルター(脂肪ろ過)を通し遠心分離することによって安全な脂肪由来幹細胞を採取することができます。

クリーンベンチ内の脂肪幹細胞抽出の流れ(工程時間:約1時間)

脂肪幹細胞抽出の流れ

ポイント3:1施術によるランニングコストが低コスト!

さらに1施術によるランニングコストも低コストで行えるのがFCB社製のクリーンベンチの魅力です。従って豊胸だけでなく、顔面の細かい部分へ注入しても安心の低価格です。

抽出した脂肪幹細胞

ポイント4:韓国No.1 FCB社のセルーションTMシステム採用

自身の腹部や太ももから吸引した脂肪から、幹細胞(ステムセル)だけを抽出します。 機械は韓国No.1ステムセルバンクFCB社のステムセルソリューションTMシステムを使用しています。

症例 〜脂肪幹細胞 豊胸〜

症例紹介1:20代女性 片側200ccずつ注入

症例紹介2:20代女性 片側250ccずつ注入

症例紹介3:40代女性 1回目:片側150ccずつ 2回目:片側100ccずつ注入

症例紹介4:30代女性 片側230ccずつ注入

豊胸術の内容と特徴・メリット・デメリット

施術名
ヒアルロン酸 PPP(血漿)ゲル バッグプロテーゼ ピュアグラフト
(濃縮脂肪注入)
FCB
脂肪由来幹細胞移植
治療内容
ヒアルロン酸を乳腺周囲に注入 PPP(血漿)ゲルを乳腺周囲に注入 シリコンなどの素材でできたプロテーゼを挿入 ご自分の脂肪から不純物を除去・濃縮して注入 ご自分の幹細胞を抽出し濃縮脂肪とともに注入する再生医療
サイズアップ
1カップ程度 1カップ程度 2カップ以上も可能 1.5〜2カップ程度 1.5〜2カップ程度
持続効果
1〜2年(体内に吸収される) 6か月(体内に吸収される) 半永久的 やや長期的(生着率50〜60%) 長期的(生着率70〜 80%)
見た目
自然だが、脂肪には劣る 自然だが、脂肪には劣る 立位では自然寝た時の流れ具合が若干不自然に 本来の乳房同様とても自然 本来の乳房同様とても自然
さわり心地
柔らかいが、脂肪には劣る 柔らかいが、脂肪には劣る 自然に近いが若干違和感あり 乳房本来の柔らかさ 乳房本来の柔らかさ
デザイン性
注入する箇所で・谷間メイク・ボリュームUPなど可 注入する箇所で・谷間メイク・ボリュームUPなど可 バッグの型や大きさである程度可能 注入する箇所で・谷間メイク・ボリュームUPなど可 注入する箇所で・谷間メイク・ボリュームUPなど可
費用
10cc
36,750円
10cc
26,250円
525,000円〜 10cc
21,000円
10cc
27,500円
メリット
手軽でダウンタイムも軽い 手軽でダウンタイムも軽い
自分のものなので安全性が高い
大幅なサイズアップが可能
半永久的な効果
異物反応の心配がない
脂肪吸引による痩身効果も
異物反応の心配がない
脂肪吸引による痩身効果も
デメリット
効果持続期間が1〜2年と短い 効果持続期間が半年と短い 異物反応やバストが変形してしまう拘縮(こうしゅく)が起こるリスクがある FCBに比べると脂肪生着率がやや低い 抽出に時間がかかる
他の施術よりも若干費用がかかる

※痩せていて、脂肪の採取に限界がある方は、ピュアグラフトを用いています。

よくある質問

術後は痛いですか?どのくらいで仕事に復帰できますか?

筋肉痛のような痛みは出現しますが、鎮痛剤の使用で十分おさまります。日常生活は翌日から普通に送れます。個人差はありますが、デスクワークなどは術後2〜3日より復帰可能です。その他気になる方はご相談ください。

授乳に影響しますか?

乳腺組織を損傷することはありませんのでご安心ください。

他のところで豊胸手術をしたのですが、希望通りの形になりませんでした。修正してもらうことは可能ですか?

はい、行うことができます。他にも被膜拘縮(カプセル拘縮)で硬くなってしまったり、プロテーゼの位置がおかしい、腫れてきた、しぼんでしまったなどのトラブルで現状のバストに満足できていないには、プロテーゼ入れ替え術かプロテーゼ入れ替えと同時に脂肪幹細胞豊胸を行ったり、脂肪幹細胞豊胸を単独で行っています。どれにされるかはご相談ください。

パックの異物感があるのでパックを除去して脂肪幹細胞注入にかえることは可能ですか?

はい、できます。パック除去法と同時に脂肪幹細胞注入できます。

予算の関係で少しずつから始められますか?

はい。とれた分の脂肪を注入し、その量で施術代としていますので少量から始められます。

 

脂肪幹細胞の適用部位

抽出した脂肪幹細胞 脂肪幹細胞自家脂肪移植へ

従来の自家脂肪幹細胞移植と比べ、移植脂肪の生着率が向上

抽出した脂肪幹細胞 脂肪幹細胞皮膚再生治療へ

自家細胞を利用して安全に損傷された皮膚の再生治療及び老化施術に利用

皮膚内に注入された脂肪幹細胞は脂肪細胞への分化及び成長因子発現などの様々な形で皮膚改善を促します。 自家細胞を利用する方法なので、免疫拒否反応がなくとても安全な施術です。

お問い合わせ

PAGE TOP